ミツトヨのあゆみ

1934年に小さな研究所からスタートし、
世界にその名を知られる
グローバルカンパニーへと飛躍を遂げたミツトヨ。
すべては、「事業を通じて世の中の発展と人々の
幸福に貢獻したい」という
創業者 沼田惠範の
ひたむきな情熱から始まりました。
その志は、変化する時代の中で
今も変わらず受け継がれています。

志を受け継ぎ、世紀を超えて

1934

三豊製作所の誕生
マイクロメータの
國産化を目指して

1934年、當時ほぼ100%を輸入に頼っていたマイクロメータを、
創業者の沼田惠範が國産化に向けて取り組みを始めました。
これが、ミツトヨの第一歩です。
1936年、社名を「三豊製作所」へ変更。同年、ようやく最初の量産ロット100個を完成させましたが、
完全無欠の17個だけを殘し、他は工場敷地に埋めてしまいます。
これは「検査を甘くして品質?性能に妥協はしない」という決意の表れであり、
従業員全員の心を引き締めるものでした。

會社の沿革

商品の沿革

1934

沼田惠範マイクロメータ國産化のため東京?武蔵新田に研究所を開設

1936

東京?蒲田に蒲田工場を開設、社名を三豊製作所とする

1936

マイクロメータの國産化に成功

1938

株式會社に組織変更、社長に沼田惠範就任

1940

神奈川県川崎市にマイクロメータ量産のための溝の口工場を建設、操業開始

1942

ゲージブロック試作

1943

靜電容量式電気マイクロメータ試作

1944

高速フィルムパーフォレータ量産を目的として宇都宮工場を建設、操業開始

1947

マイクロメータ製造技術溫存のため広島県?志和に広島研究所開設

1947

マイクロメータ生産再開

自動重量選別機開発

1949

ノギス試作、生産開始

1952

指示マイクロメータ生産開始

「スナップメータ」生産開始

3m外側マイクロメータ(當時世界最大)完成

1953

グラインディングゲージ生産開始

1954

世界への進出
輸出開始と海外法人設立

創業當初から世界を目指していた三豊は、1954年にアメリカで開かれた
第1回國際計量器會議と展示會に、沼田惠範が日本代表として參加。
精密測定機器の世界的な動向や自社の位置づけを確認する機會となりました。
この経験を足がかりとして、1963年には初の海外拠點をアメリカに、
1968年にはドイツに販売會社を設立。
以來、南米、ヨーロッパやアジアなど、世界各國にネットワークを拡大していきました。

會社の沿革

商品の沿革

1954

沼田惠範、國際計量會議(米國)に出席し當社商品の展示も行い輸出への足掛りを作る

1956

シリンダゲージ生産開始

1957

投影検査機生産開始

1958

「ハイトマスタ」生産開始

「テストインジケータ」生産開始

精密石定盤生産開始

ステンレス製小形ノギス生産開始

1959

販売部門を分離し、三豊商事株式會社を設立

マイクロメータの素材からの一貫生産をめざし広島県?呉市に広島工場を建設、広島研究所を吸収

1959

ダイヤルゲージ生産開始

ハイトゲージ生産開始

工具顕微鏡生産開始

1960

表面粗さ標準片開発

大形ノギス生産開始

1961

電気測微指示計生産開始

1962

大越式表面粗さ検査機生産開始

ダイヤルノギス生産開始

1963

米國市場への拠點進出

1963

電気マイクロメータ「ミューチェッカ」生産開始

ストレンゲージ式「ウルトラコンパレータ」開発

1967

沼田研究所、ゲージブロックの専門工場となる。

広島工場より鋳造部門を分離し広島鋳造工場(現広島素形材工場)を建設

1967

平均表面粗さ測定機「サーフテスト」生産開始

ゲージブロック標準セット生産開始

1968

ヨーロッパ市場への拠點としてドイツサンポー社設立

代表取締役 社長に片山準三就任

1968

二次元座標測定機開発生産開始

1969

三點式內側マイクロメータ「ホールテスト」生産開始

三次元測定機生産開始

1970

栃木県那須郡馬頭町に宇都宮分工場として馬頭工場を建設、操業開始

1970

自社開発スケール裝著三次元測定機生産開始

カウンタ付2本柱ハイトゲージ生産開始

1971

代表取締役社長に沼田智秀就任

1971

カウンタ付外側マイクロメータ生産開始

橫形三次元測定機開発

輪郭形狀測定機「コントレーサ」(世界初)開発

1972

テーブル回転形真円度測定機開発

1973

カナダ三豊設立

1974

ブラジル三豊設立、最初の本格的海外生産拠點としてスザノ工場を建設

1975

三豊計測學院開設

1975

「リニヤスケールユニット」生産開始

1976

CNC三次元測定機開発

1977

高知県大野見村に広島工場協力會社大野見精密株式會社を建設

1977

「チェックマスタ」生産開始

1978

シンガポールに三豊アジア?パシフィック社(MAP)を設立

1979

英國?アンドーバーに英國三豊設立

メキシコシティにメキシコ三豊設立

ミツトヨメスゲレーテレオンベルク設立

広島分工場の志和工場、操業開始

1979

「デジマチックマイクロメータ」生産開始

計量研形大口徑ねじゲージ用CNC三次元測定機製作

ダイヤルゲージ検査機開発

1980

広島豊田郡安浦町に安浦工場設立

1980

「デジマチックハイトゲージ」「HDシリーズ」生産開始

真円度測定可能なプローブ自動交換式萬能三次元測定機MBS開発

1981

オランダにオランダサンポー設立

スカンジナビア三豊設立

1981

「デジマチックインジケータ」「IDシリーズ」生産開始

1982

リニヤスケール専門工場として清原工場、操業開始

ベルギー三豊設立

1983

米國、ドイツにCTラボ開設

1983

「デジマチックノギス」「CDシリーズ」生産開始

「レーザスキャンマイクロメータ」生産開始

1984

光學顕微鏡FSシリーズ開発

1985

代表取締役社長に沼田惠照就任

宮崎県田野町にゲージブロック専門工場(宮崎工場)建設し、沼田研究所から生産を引継ぐ

1985

ハンディタイプ表面粗さ測定機「サーフテスト201」開発

1986

フランス三豊設立

米國カークランド市にマイクロエンコーダ研究所設立

1986

非接觸ロール徑測定機生産開始

1987

三豊からミツトヨへ
デジタル化で業界をリード

1970年代後半より世界の測定機器業界では測定工具のデジタル化が進み、
小型?低コストでのデジタル化に向けて熾烈な技術競爭が繰り広げられていました。
そんな中ミツトヨは1978年、デジタル測定工具「デジマチックシリーズ」を発売。
國內外の市場を席巻するヒット商品になり、ラインアップ強化や改良を重ねながら、
デジタル化で業界をリードしていきます。
1987年には「株式會社ミツトヨ」と社名を改め、21世紀に向け新たな一歩を踏み出しました。

會社の沿革

商品の沿革

1987

臺灣臺北市に臺灣三豊設立

ミツトヨイタリア設立

社名を株式會社ミツトヨに変更、三豊商事株式會社を吸収合併

東広島市にマイクロメータの専門工場として志和工場を建設、操業開始

清原工場高精度スケール用地下研究棟建設

1987

非接觸三次元測定機販売開始

計測データネットワークシステム「μ-net」生産開始

1988

スイス?チューリッヒ市にスイスミツトヨ設立

マレーシアミツトヨ設立

1988

セラミック製ゲージブロック開発、生産開始

「レーザホロスケール」測長エンコーダ開発

1990

オランダに計測基礎技術の調査?研究のため歐州研究所を設立

ミツトヨグループの(株)アカシとして、(株)明石製作所より試験?計測機器事業を継承

1991

パソコン解析型真円度測定機「RA-600シリーズ」開発

XY位置検出エンコーダ開発

1992

茨城県つくば市につくば研究所を開設

1993

ゲージブロック用自動レーザ干渉計開発

絶対位置方式ABS「デジマチックリニアエンコーダ」開発

絶対位置方式ABS「デジマチックノギス」生産開始

1994

韓國ソウル市に韓國ミツトヨサービス(株)設立

1994

非接觸三次元CNC畫像測定機

「クイックビジョンシリーズ」開発生産開始

低価格CNC三次元測定機「ブライトシリーズ」開発、生産、開始

環境に優しい太陽電池ソーラ採用

ABS「デジマチックノギス」生産開始

1995

代表取締役社長に高辻乗雄就任

1995

絶対位置方式ABS「デジマチックインジケータ」生産開始

上下2ヘッド演算形「ゲージブロックコンパレータ」開発

1996

インド ニューデリー市にミツトヨ?サウスアジア設立

1996

マニュアル畫像測定機「クイックスコープQSシリーズ」開発

多関節三次元デジタイザ「スピンアーム」開発

1997

中津川工場を建設、操業開始

タイミツトヨ設立

コメック設立

ミツトヨファイナンスヨーロッパ設立

1997

溫度補正機能付三次元測定機「FALCIOシリーズ」開発、発売

1998

中國蘇州市に中國ミツトヨ(蘇州工場)設立

1998

インライン対応?橫形CNC三次元測定機「MACHシリーズ」開発、発売

超高精度CNC三次元測定機「LEGEXシリーズ」開発、発売

1999

三豊科學技術振興協會設立

1999

レーザインジケータ「LI-4030N/5030T」開発

世界最大35トン振動試験裝置「NASD」開発

2000

MASアルゼンチン支店設立

2000

検出器一體表面粗さ?輪郭測定

ハイブリッド測定機?フォームトレーサ「CS-5000」開発

現場計測用フレキシブルゲージ「QM-Measure」開発

2001

代表取締役社長に手塚和作就任

上海ミツトヨ設立

CDMウルグアイ設立

2001

絶対位置方式ABSデジマチックシリンダゲージ発売

2002

ポーランドミツトヨ設立

2002

世界最大級の門移動CNC三次元測定機「FALCIO-Apex2000/3000シリーズ」を発売

最小徑Φ15μmの極小スタイラス微細形狀測定システム「UMAPVision System」を発売

長焦點深度畫像測定機「QUICK IMAGEシリーズ」を発売

2003

世界初のCNC表面粗さ測定機および輪郭測定機シリーズを発売

絶対位置方式ABSデジタルハイトゲージを発売

保護等級IP65 クーラントプルーフマイクロメータ発売

保護等級IP66クーラントプルーフノギスを開発

2004

(株)アカシ、(株)明豊エンジニアリング、明旺技研(株)を経営統合

天津ミツトヨ設立

ハンガリーミツトヨ設立

2004

ソーラ、保護等級、ABSクーラントプルーフキャリパの最高峰、「スーパキャリパ」を開発、発売

世界初コラム移動形CNC 表面粗さ測定機「SV-M3000CNC」を発売

世界最高精度の測定顕微鏡「Hyper MF/ MF - U」を発売

2005

インドネシアミツトヨ設立

2006

代表取締役會長兼社長に沼田智秀就任

2006

熱膨張係數付ゲージブロック発売

2007

代表取締役社長に坂本仁就任

2007

シンブル1回転で2mm移動の測定効率を追求したデジタルマイクロメータ カンタマイク発売

2008

CNC精密測定機器に移設検知システム搭載発売

低価格、簡単操作の計測データワイヤレス通信システム「U-WAVE」発売

2009

代表取締役社長に中川徹就任

2010

歐州統括會社 歐州ミツトヨ 設立

2011

高速、高精度 CNC三次元測定ヘッド Ko-ga-me発売

ロックウェル硬さ試験機 HR-100~400シリーズ発売

CNC三次元測定機用非接觸ラインレーザプローブ SurfaceMeasure606発売

白色干渉計WLIハイブリッド畫像測定機クイックビジョンQV WLI発売

世界初 最小表示量0.0001mmの高精度デジマチックマイクロメータ発売

上面、下面連続測定可能なダブルスタイラス輪郭測定機コントレーサCV-4500発売

マイクロビッカース硬さ試験機  HM-200シリーズ発売

ソーラ式ABSデジマチックインジケータ発売

2012

ロシアミツトヨ設立

ベトナムミツトヨ設立

ルーマニアミツトヨ設立

Mitutoyo Leeport Metrology Corporationの連結子會社化

2012

超小型セバレート形リニヤスケールユニット

ST46-EZAシリーズ発売

2013

オーストリアミツトヨ設立

マイクロエンコーダ ロサンゼルス設立

2013

ファイバスケール ST-F11発売

2014

創業80周年記念ミツトヨ展を開催

フィリピンミツトヨ設立

2014

高性能高さ測定機QM-Heightシリーズ発売

世界最高クラスの精度を誇る超高精度CNC三次元測定機NewLEGEX発売

クロマティックポイントセンサ搭載CNC畫像測定機QV HYBRID TYPE4発売

Z軸モータドライブ測定顕微鏡MFシリーズ発売

ビッカース硬さ試験機HV-100シリーズ発売

二次元カラー畫像測定機クイックイメージ発売

2015

高速?高分解能ABSテープスケールABS ST1300シリーズ発売

リニヤスケール用表示ユニットKA-200カウンタ発売

三次元測定機用自動測定プログラム生成ソフトウェアMiCAT Planner(マイキャットプランナー)発売

2016

TAG Optics Inc.社への出資および業務提攜

Mapvision Ltd.社への出資および業務提攜

Mitutoyo Optics Manufacturing America Corporation設立

2016

保護等級IP67クーラントプルーフキャリパを発売

中?小型CNC畫像測定機”クイックビジョン Activeシリーズ”を発売

完全アブソリュート アッセンブリ形 リニヤスケールABS AT1100シリーズを発売

世界最高精度 インジケータ検査機 IC-2000発売

2017

代表取締役會長に中川徹就任

代表取締役社長に沼田恵明就任

2017

耐久力?視認性向上 テストインジケータ発売

100%全數×100%全項目 インライン検査システム MAPVISION Quality Gate発売

非接觸表面性狀測定システム SV-C4500CNC HYBRID発売

2020

新たな地平に向かって
製造現場を支える
ソリューション企業として

IoTをはじめとする先端科學技術が登場し産業が高度化し、
「測定」に求められるものも刻々と変化する現在。
ミツトヨは、変化への対応はもちろん、「まだ形のないニーズを汲み取り、
お客様が想像もしなかったようなソリューションを提案する」ことに力を注いでいます。
測定機器メーカー以上の、すべての製造現場を支える信頼のパートナーとして、
ミツトヨは常に新しい提案を続けていきます。

暖暖日本在线观看高清中文-暖暖视频 高清 日本
息烽县| 陈巴尔虎旗| 临城县| 镇康县| 化隆| 宜宾县| 柘荣县| 云阳县| 马边| 伽师县| 怀仁县| 玉溪市| 宜兴市| 延吉市| 庐江县| 溧阳市| 宣城市| 秦皇岛市| 介休市| 金堂县| 朔州市| 富蕴县| 博兴县| 关岭|