見識のサーチや見識の整列などについて練習

チェックなどについて勉学しました。表画策ソフトで作成した表は、列ごとに同じ種類のチェックで構成されていることが多く、この状態を一覧形式といいます。一覧形式で作成された表は簡素なデータとして整列・参照・抽出などの処理をすることができます。一覧形式の表を構成するコンポーネントには場所名称(項目名称)、場所(列)、レコード(行)があります。チェックを生じる項目をロック(制約)として、昇順(悪い順)や降順(著しい順)に並べ替えることを並べ替え(整列)といいます。年月日形式のチェック(シリアル数値)から時を取り出す関数をYEAR関数、月収を出す関数をMONTH関数、お天道様を出す関数をDAY関数といいます。一覧形式の表から条件を満たすレコードを探し出して表示することを抽出といいます。抽出にはワークシートに抽出数値を表示する自動フィルタと、指定した場所に新しい表を作成するフィルタ添え物の2つの技があります。知らないこともあったので勉強になりました。